【退店】|山手線南部|【nk成功】ロリギャルの制服姿に萌え~。がっつりと責められて昇天!

~まとめサイトに掲載中 ~
クリックして応援お願いします!!!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東京ナイトライフ情報へ

今回の突撃レポート店

  • エ リ ア:山手線南部(山手線外側です)
  • コ ス パ:★★★★☆
  • ビジュアル:★★★★★
  • テクニック:★★★★★
  • 寛 容 度:★★★★☆
  • 部屋タイプ:一般ルーム
  • 清 潔 度:★★★☆☆

セラピストさんの紹介

誰でも好きな制服ありますよね?

そんな制服に特化したお店!

憧れの制服美女にこの気持ち治してもらおうかな!

今回ご紹介するセラピストさんは...

  • 160cmくらいのやせ形
  • 20代前半ややギャル
  • 可愛い~鯔背いなせ)だねw
  • テクニック○~ER向き
  • 伸び代いっぱい!
  • 本気出したらすごいかも?

 

清楚なのか?

少し遊んでいるのか?

微妙な雰囲気に惹かれます。

あどけなさもありERくもあり~~興味津々

 

 

 

 

関連する おすすめコンテンツ  

 

施術内容

趣があるというかくたびれた感があるというか・・・

古めの建物にあります。

 

日本人のお店なの?

と少し不安になります。

 

可愛くスレンダーな子が憧れの制服で出迎えてくれます。

 

一安心。

 

日本人ですよね?

はいそうですよww

 

確かめておきました。

 

ざっとメニューなどの説明を受けました。

オプションは衣装チェンジ、

コスプレとBDとMB!

 

ガチで迷いましたがやっぱりMBへ、

あっさり憧れの制服を脱がしちゃいますww

 

洗体補助がありますが、ここで早くもがっつりきます。

このまま終わらせる気?ってくらいゴシゴシ。

早い人は昇天しちゃうかも?

 

私は何とか踏ん張りましたww

 

部屋に戻ってマッサージ!

部屋は狭く大胆に動くのは苦労しそうです。

その変わり密着度が高まるという恩恵は受けます。

 

可もなく不可もなくやや物足りない感じの健全マッサです。

 

あくまで癒し!

若い子に撫で撫でしてもらう非日常感を味わう。

まあ私もそっち系なので不満はないです。

 

少しお遊び感に欠けるマッサージが一通り終わると、

いきなりスイッチが入ります。

キワキワをがっつりきます。

むしろモロに来るって感じ。

 

MBの特性?を生かし密着もがっつり。

かなり激しい感じで当ててきます。

 

寛容度は普通よりちょっと高めくらいかな?

サワサワ撫で撫で程度は許してくれます。

まあ慣れてくれば多少大胆に行っても大丈夫みたい。

 

彼女自体あまり大きくは動かない。

動けないというのが正解かしら?

 

狭くて大変だね

 

と尋ねたら・・・

 

そうですね。でも集中できるからこの方が・・

 

と言いながら、

がっちりホールドされます。

思わず竿が反りかえる。

 

この時点から仰向けでの施術オンリーとなる。

言葉通りの集中施術。

片手で4545、片手で先端撫で撫で!

 

片手のGRIPは離しません。

片手は菊へ行ったり、漁区で遊んだり、B地区責めたり。

バリエーションは抱負です。

 

手が届く範囲でのモミモミとグチュグチュを再トライ!

 

だ~めだよ

 

と言いながら

つよい拒否はなくそのまま続けさせてくれる。

 

気持ちいいでしょ?

 

少しだけうなづくモエェ(*´Д`*)ェエ工

 

やがて彼女がM字開脚気味に腰に跨ります。

 

もしかして~?

 

と淡い期待。

 

そろそろ限界かしら?

 

SMTの体勢。

少しギッコンバッタンと動く!

 

ややぎこちない感じが興奮を掻き立てます。

 

彼女のOMNKの温かさを感じながら

我慢していたものを大量放出します。

 

やだ~溜まっていたのねww

ぃゃぁそれほどでも…

 

なんかフィニッシュの感じはよく、彼女の表情にも萌えました。

不安と期待が交錯する内容でしたが最後は大満足です。

 

 

注意

・同じ体験を保証するものではありません。

・トラブルの責任は負いかねます。

 

 

店舗様・セラピスト様

マガブロにて店名、セラピスト様名を書いております。

ぜひこちらよりご覧ください!!!

 

世界初の『 性家電 』の冠は伊達じゃないぜ…
A10サイクロンSA +PLUS(プラス)

すべての常識が覆る 電動オナホ の新定番

 

異次元の快感、衝撃の動画連動、静音性、メンテナンス性 ... etc

これまでの自家発電で満足している 貴殿 こそ 体感 してほしい

 

最新記事